ZANGE

小説の墓場

幻想郷の住人から現世の住人に解脱する方法

前回は、5つの東方ファンの特徴を列挙し、唯一の救済処置を紹介しました。

 

今回はそれの続きです。

 

クロスオーバー作品をすすめると伝えましたね。それを進める際には、クロスオーバー先の作品に精通している必要があります。Wikipedia程度の知識を有してから紹介してください。

 

「最近、面白い東方クロスオーバーがあるんだけど、読んでみてくれないかな?感想が聞きたいんだよ」

 

というように、気軽に行ってください。気軽にです。そこに強制があってはなりません。幻想郷に入り浸っている住人は、そこがとても居心地がいいので、そこから容易には抜け出しません。

 

真の伝道者は、自然伝道を駆使します。それは、人となりで信仰を証するのです。それを行ってください。彼(彼女)が、何気ない会話の中で興味関心が東方以外に向くようになるからです。無意識的に実体で紹介することにより、すんなり受け入れます。

 

例えば、Apple教を信奉している人達は、身近なツールをすべてApple製品で固めようとします。iPhoneiPadiPodiMacMacBook AirMacBook Proを、自宅でオフィスで大学で、この地上のあらゆるところで使うようになります。それを人は見て、見本を見るようにApple製品が欲しくなるのです。

 

かくゆう私もApple教の信者であり、信奉者です。ゆえに、自然伝道を駆使します。そのほうが理に叶っているのです。売り込みをするセールスマンが好きですか?それより話や愚痴を聞いてくれるセールスマンのほうが良いでしょう?

 

実体で何かを証明するのが、あらゆるセールス、芸能や芸術でも当然の手法として使われています。

 

故に、解脱させるためには、あなた自身が幻想郷を俯瞰できる立場にいることが大事です。好きにはならなくていいのです。ただ、理解し、彼(彼女)が、どこにいて、誰を見ているのかを最低限知ってください。それから徐々にその他のキャラクターの話題をふってください。

 

そうすることにより、徐々にですが、幻想郷だけがサブカルではないことを認識し始めます。忘れ去られた世界に没頭することから、流行の作品、名作の作品などに触れる機会、つまり本屋に連れ添ってください。

 

知識の泉である本屋に呼び込める事ができたならば、あなたの役目は終わります。これからは、彼(彼女)が自分の手足で歩んで行く後ろ姿を見守ってください。5つの特徴が少しづつ、安定化していきます。中毒症状が緩和していきます。

 

最後に、ここのブログは、東方クロスオーバーの作品を書いていく場所です。ここに掲載されている作品を彼らに進めてみてください。東方を俯瞰できるようになることでしょう。

 

または、深い世界をより知ってしまう事になるかもしれませんが、深い見識を証明するには、対比する見識が必要になってきます。その際に、対比できるような外部作品を紹介してみてください。ワンピースとかが対極の存在でしょう。ほぼ男キャラクターしかいない作品と、ほぼ女性キャラクターしかいない作品ですから。

 

そんな感じです。

ではまた。