ZANGE

小説の墓場

小説の質の向上

どうも。天論です。

最近は小説の一話あたりの文字数が5000字を超えるようになりました。以前は、3000字で限界だったのですが、5000字を超えるようにアイデアがまとまるようになったことは、レベルがあがったということを認識しても差し支えないと思いました。

まあ、まだ一次創作スキルはまだまだなので、二次創作が少し出来た程度でしかないわけですけど、少し自信にはなりました。小説をようやく書き始めて、2年ちょいです。まだまだ新参者であることは、間違いないですけれど、物語を書く者としては初志貫徹の思いで、新しいものをつくるようにしていきます。オリジナル性は、二次でも一次でも実践して行くべきことですよね。

短編小説でも書いたらいいと思うので、そのうち、書こうかなって思います。それで自信がつけばいいと思うので。味を感じれば、いいのだと思うからです。

そんな感じです。

ではまた。